青汁イメージ

青汁を飲んで健康を手に入れる

青汁を飲むようになったきっかけは、健康診断の結果からでした。
普段の生活上、特に問題はありませんが、コレステロールの数値が上昇しているのと血圧が高くなったからです。
正直なところ、不摂生には気を付けているつもりでしたが、身体は素直ですね。
ここ最近、お酒を飲む機会が年齢とともに増える一方、飲む量も比例して増えますし、カロリーの高いものも食べてしまいがちです。
若いころであれば、気にもしていませんでしたが、仕方ないですね。
こういった場で飲んでいると楽しいからでしょうか。
ついつい飲みすぎ、食べ過ぎとなってしまいます。
日頃から運動もしているので、少しは健康に自信があった私も歳でしょうか、数値が気になり始めました。
かといって、健康のためにお酒などをやめることができるかと言えば、誘惑に負けてやめることはできないでしょう。
とにかく、楽しみながら健康に気を遣う方法を探しました。
その結果、知り合いに勧められて、青汁を飲む生活が始まりました。
実際、約1年半ぐらい、寝る前や朝に飲むようにしています。
青汁は、たくさんの種類が出ていますね。
中には、いろいろなメーカーの物を試されてコメントしている方もいらっしゃいますが、私は、最初から1種類のものを飲み続けています。
最初、飲むときは抵抗感がありました。
CMや聞く話では、「まずい」、「苦い」とよく言われれる印象がとても強かったからです。
さらに、健康にはなんらかの効果があるらしいという程度の感覚でした。
確かに、普段の食事だけでは、不足しがちな栄養分を1杯の青汁で補えると聞けば、健康に良いイメージが先行します。
ためらいながらも飲んだ第一印象は、「ふつう」でした。
飲む方のために企業も努力されているのでしょう。
以前の青汁はケールhttp://xn--u9j554ha105s1jfc08aix6a.com/king.htmlが主原料だったため、
「まずい」「苦い」というイメージが強かったのですが、最近では比較的飲みやすい大麦若葉や明日葉が使われていることが多いです。
お水に簡単に溶けますし、専用のシェーカーまで付属でついています。
ですので、飲むために手間がかかりません。
そんな出会いから、青汁に対する悪いイメージは、自然となくなり、今まで飲み続けることができたと思っています。
健康に良いと見たり聞いたりしますが、私自身は、単純に不足しがちなものを補うためにというのが本心です。
今飲み続けている物も気に入っていますので、他のメーカーの物は飲んだことがありませんし、これがおいしい、それは苦手だと語ることはできません。
健康に気を遣うようになった後の健康診断では、悪かった数値が幾分かは改善されていました。
小さな変化ではありましたが、これも継続して飲み続けている結果だと思っています。
将来の健康を考えたとき、自分のためだと思って続けていくつもりです。

Copyright(C) 2010 便秘改善.com All Rights Reserved.