青汁イメージ

青汁の代名詞「ケール」

栄養価の高いケール、最も飲みやすい大麦若葉。
青汁を選ぶうえで、ケールか大麦若葉のどちらを使用しているのか?が選択肢のポイントになります。
アブラナ科のキャベツが原種のケールは、ビタミンやミネラルなど幅広い栄養素が含まれており、その栄養素一つ一つが大麦若葉に比べて多いのが特徴です。
また、ケールにはメラトニンという神経ホルモンの一種が配合されており、摂取することで質の良い睡眠をとる事が出来るといわれています。
不眠症などで悩んでおられる方は、ケールの青汁http://xn--u9j554ha105s1jfc08aix6a.com/king.htmlを選ぶと良いでしょう。
ケールは食物繊維が豊富(ゴボウの3.5倍)に含まれており血糖値を下げる効果もあり、コレステロールの排出促進にも効果的です。
そして何といってもケールの抗酸化作用は生活習慣病やがん予防にも注目されており、現代社会の死亡率No.1の癌に有効なので積極的に取り入れたい食材です。
また、カルシウムも牛乳の約2倍、ビタミンAはニンジンの2倍、ビタミンEはブロッコリーと同量であり、βカロチンを多く含みます。
このようにケールには大変多くの栄養素が含まれており、青汁だとそれらが手軽に摂取できるのです。

ただ、ケールには苦味があり、子供や野菜が苦手な方には少し飲みにくいかもしれません。
大麦若葉の青汁の方が抹茶のように飲みやすいのですが、ケールには栄養価として、大麦若葉にないものも含まれているので、どちらが自分に合っているのか、飲み比べてみるのも良いですね。

Copyright(C) 2010-2016 便秘改善.com All Rights Reserved.