青汁イメージ

野菜不足は青汁で補う

厚生労働省が推奨している成人一人の1日の野菜摂取量は350グラムとされておりますが、野菜だけで350グラムを摂取しようと思うと、食事のバランスが悪くなったり、経済的に無理もあります。
お肉やお魚、たんぱく質や炭水化物、ビタミンやカルシウムなど、1日に摂取しなければならない栄養素は山ほどあるからです。
そこで、より簡単に良質な野菜を摂取する方法のひとつに「毎食に青汁1杯をプラスする」ことがあげられます。
特に食事の前に青汁を飲むとより良いでしょう。 野菜には食物繊維や、ビタミン、カリウムやマグネシウムなど、豊富な栄養素があり、青汁には食物繊維がたっぷりと含まれています。
食物繊維は、便秘に効果的であり、腸内環境も整えてくれるので、自然にお通じがあったり、腸の調子を活発にしてくれて、ダイエットの効果もあります。
青汁には、メリットがたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。
肝臓疾患の疑いがある方は、腸の動きが活発になり腸に負担がかかることがありますので注意が必要です。
青汁には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維とは緑黄色野菜や善玉菌などを多く含み栄養豊富な食物です。
野菜不足の人には緑黄色野菜をたくさん取り入れられる水溶性食物繊維を含んだ青汁がオススメです。
不溶性食物繊維には根菜や、それに含まれる整腸作用が腸の調子を整えてくれる役割があります。
ひとことで青汁といってもいろんな作用や効果が違いますので、自分が今必要な栄養素を補えるよう、わからないことなどは薬局へ行き、薬剤師さんに自分の不調の要因を訪ね、自分に合った青汁を探してもらいましょう。
そうすることで何が自分にとって必要な栄養素かがわかります。
青汁は私たちの生活にとって、毎日簡単に野菜不足を解消してくれるすばらしい飲み物です。
これらをうまく活用し、慢性的な野菜不足にならないように心がけて健康な毎日を送れるようにしましょう。
青汁にも、種類があり、生の青汁を絞って飲む物や、錠剤やタブレットになったタイプhttp://www.e-guru.org/type.html、そして1番多くの方が粉末状の青汁を水に溶かして飲んでいます。
今はフルーティーな味の青汁もあり、おやつ感覚で飲むのも良いですね。

Copyright(C) 2010-2016 便秘改善.com All Rights Reserved.