青汁イメージ

青汁で便秘解消

排便が3日以上なかったり、排便後に残便感がある場合や、普段からスッキリ出ない場合は「便秘」と捉えた方が良いでしょう。
便秘は女性がなりやすいと思われていますが、男性にも便秘になる方は多いのですが、なかなか人には相談しにくいですよね。
慢性的な便秘は急にお腹が痛くなったり、体調不良になる事もあります。

そんな便秘の悩みを解決してくれるのが青汁です。
青汁には水溶性食物繊維が豊富な物と、不溶性食物繊維が多く含まれるものとがあります。
水溶性食物繊維には主に緑黄色野菜や善玉菌が含まれており、不溶性食物繊維には根菜などの整腸作用がある物があります。
これらはケールhttp://www.icpp2008.org/keeru.htmlや大麦青葉http://xoops-tips.com/nigaaji.html、明日葉http://www.tourismtrail.com/diet.htmlなど緑黄色野菜に多く含まれており、腸を刺激して腸内活動を活発化させる作用があります。
また、腸内環境正常化には善玉菌が必要といわれており、青汁に含まれるオリゴ糖が善玉菌の増殖に役立ちます。

しかし、やみくもに飲めば良いというわけではありません。
青汁にも適量があります。
便秘を早く治したいと思って多量に摂取すると、余計に便秘を悪化させる恐れがあります。
また、腸閉塞など他の病気の原因になる事があるので注意が必要です。
1日に1〜3杯が適量ですので、ライフスタイルに合わせて飲むと良いでしょう。

また、便秘解消には就寝前に飲むのが効果的といわれています。
寝ている間に食物繊維が体内に吸収され、腸が活発化するためです。
しかし、お腹の弱い人は逆に睡眠の質が下がる場合があるので、無理に就寝前に飲む必要はありません。
ご自身のタイミングで時間帯などは決められて継続する事が何よりも大切ですから無理のない程度に続けましょう。

ただし、肝臓疾患がある人は腸が負担をたくさん抱えることになり、青汁が不向きな場合があります。
青汁を飲み始めたい方で持病をお持ちの方は、かかりつけの医者に相談してから始める方が良いでしょう。

正しい摂取量で、自分に合った青汁を選んで、長く続けることが便秘解消の近道です。
腸が元気になると、ご飯も美味しくいただけるようになりますし、お腹がスッキリしてスタイルアップにもなります。
腸内環境を整えて毎日元気でいられるように、自分にあった青汁を飲み始めましょう。
初めての方には青汁の無料お試しをおすすめします。
気に入った商品が見つかりましたら定期購入http://www.mexicosiemprefiel.com/teiki.htmするのが良いでしょう。

Copyright(C) 2010-2016 便秘改善.com All Rights Reserved.