青汁イメージ

青汁の効能

青汁は原材料によって、特徴や効果、飲みやすさが変わってきます。

代表的な原料はケール、大麦若葉、明日葉などが多くあります。
まずケールの効能として疲れ目やドライアイの改善にも良いとされています。
ケールに含まれるルテインがブルーライトや紫外線による目へのダメージを弱めてくれるのです。 また、老化による白内障の予防にも効果があるといわれております。
ルテインは体内で生成することのできない成分ですので、外部から摂取する必要があります。
特にパソコンを使う仕事をしている方は、ケールの青汁を積極的に飲みたいものです。

次に大麦若葉が原料の青汁は、食物繊維が豊富なことから便秘改善や動脈硬化予防にも良いとされています。
食物繊維は腸内の悪玉菌排除を促し、血中の悪玉コレステロールも取り除いてくれますので、デトックスに最適な成分です。
豊富な食物繊維により効率良く脂肪を燃焼させてくれ、代謝をさせる効果が期待できますから、ダイエット効果も期待できるのです。
食前に青汁を飲むことで満腹感を得ることが出来、糖分や脂肪分の吸収を穏やかにしてくれます。
それに伴い便通が良くなって体重が減りやすくなるので、便秘気味の方に青汁は、特にオススメです。
そんな食物繊維が最も多いのが大麦若葉ですので、これらの効果を期待する方は大麦若葉の青汁を摂取すると良いでしょう。

明日葉はアンチエイジング効果が期待できます。
明日葉にはカリウム・カルコンが多く含まれています。
これらはむくみの改善に最も必要な成分ですので、むくみによるダイエット、生理前の女性には摂取して欲しい青汁です。
また、ビタミン・ミネラルも豊富ですので美容やアンチエイジングに興味がある方は明日葉がオススメです。
美容やダイエットに効果を求める方も、飲むタイミングは食前が効果的ですのでお試しください。
青汁が効能を発揮し、自分自身が体の変化を感じるまでには、1回や2回では効果は得られません。
毎日一杯青汁を飲むだけですが、最低でも1カ月、平均では3カ月続けて、はじめて効果が分かるというものです。
まずはお試しで1週間分を試してみて、味や飲みやすさが気に入れば、それから1カ月分ずつ購入してもらって様子を見るのがベストです。
自分に合った原料の青汁を見つけたら、定期購入してお得に青汁を摂取しましょう。

ただ飲むだけに飽きてきたら青汁レシピhttp://www.topcoachingjobs.com/io.htmlもいかがでしょうか。

Copyright(C) 2010-2016 便秘改善.com All Rights Reserved.