青汁イメージ

個包装スティックタイプ

手軽に美味しく摂取したい!と願う消費者にとって便利な「個包装スティックタイプの青汁」が多くなっています。
青汁には、冷凍青汁や粒タイプの物など様々な種類がありますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

まず冷凍青汁は、持ち運びが難しく、自然解凍で飲むため、飲む数時間前に冷凍庫から出して解凍する必要があります。
しかしながら、冷凍青汁は、新鮮な青汁を瞬間冷凍し保存するため、栄養素が損なわれにくいのが良いところでもあります。
次に粒タイプの青汁ですが、簡単にゴクッとお水と一緒に飲み込めばいいのですが、そもそもサプリメントのような、粒タイプが苦手な方も多いので、1日に何錠もの錠剤を飲むのが苦痛になるかもしれません。

その点で個包装スティックタイプの粉末状の青汁は、飲みやすいだけでなく持ち運びにも便利です。
水で溶かすのはもちろん、フルーツジュースに混ぜてスムージーにして飲んだり、牛乳に混ぜて抹茶ラテ風にしてみたり、美味しく摂取出来ますし、豆乳に混ぜて飲めばイソフラボンがダイエット効果ももたらしてくれます。

スムージーにするにはジューサーが必要になりますが、ラテを作るのにハンドミキサーを使って泡立てれば簡単に抹茶ラテを作ることが出来るので、こちらもオススメです。
スティックタイプの青汁は、飲みやすいだけでなく、個別包装のおかげで、賞味期限も長くて保存にも便利です。
他のジュースや野菜や果物とまぜ合わせて使えることもできます。
一度に取りたい栄養素がたくさん摂取出来ますし、バリエーションも豊富で、自分好みの青汁を見つける楽しさがあります。

そして一回分がわかり易く、飲む量も調整しやすい事も利点といえるでしょう。
袋に入ってある商品は他にもたくさんありますが、正方形の袋に入っているタイプは、コップの端に青汁が残ったり、口の狭い水筒などに入れたいときに、こぼれたりします。
その点スティックタイプは、縦長になっており、水筒のような口の狭い入れ物にも便利です。
このような形状は使う人の立場になって考えられているので、無駄がありません。
これから青汁を選ばれる方にはスティックタイプをオススメします。

Copyright(C) 2010-2016 便秘改善.com All Rights Reserved.